店舗展開を重んじる銀行
栃木銀行 千葉銀行 北陸銀行 ネット銀行
店舗展開を重んじる銀行
 
 
県外に店舗網を広げる栃木銀行
・栃木銀行の貯蓄と資産運用
・栃木銀行の特典サービス
・栃木銀行のローンと金利
・栃木銀行の店舗展開
・栃木銀行のダイレクトサービス
・栃木銀行の退職金運用とセカンドライフプラン
東京で店舗展開をすすめる千葉銀行
・千葉銀行の円預金と外貨預金
・千葉銀行のカードサービス
・千葉銀行の各種プラザと店舗サービス
・千葉銀行の資産運用と投資プラン
・千葉銀行のローンダイレクト
・千葉銀行のインターネット支店とサービス
北海道も営業拠点としている北陸銀行
・北陸銀行の資産運用向け定期預金
・北陸銀行の住宅ローンとサービス内容
・北陸銀行のインターネットバンキング
・北陸銀行の支店業務と展開
・北陸銀行のATMと共同利用
・北陸銀行とほくほくフィナンシャルグループ
低金利の今こそ見直そう!
・ネット銀行定期預金金利の魅力

低金利の今こそ見直そう!

ネット銀行定期預金金利の魅力
ネット銀行の金利が高いのは今や、誰もが知る当たり前の時代です。では、どのくらいの金利差があるのかをあなたはご存知でしょうか?実は、日本全国のメガバンクと比較すると、最大10倍から20倍もの金利差がでるというのです。こうやって数字で比較してみると、ネット銀行の金利の魅力に改めて気づかされます。
しかし、実際にネット銀行口座を開設しようと試みる人は、数年前まではほんの一握りでした。なぜなら、ネット銀行は株や投資信託をする人たちが使うものだと誤解する人が多くいたからです。ネット銀行が始まって十数年、確かに当初は株や投資信託などの資産運用口座として利用する人が圧倒的に多かったです。しかし、低金利の続く今、より高い金利を求める個人が、貯金するためのセカンド口座としてネット銀行を開設するケースが年々増加しています。
一般的に私たちが最も身近に感じ、貯蓄性に優れている商品といえば定期預金です。定期預金とは、ある程度まとまった金額を一定期間保有することで普通預金より高い金利を得ることができます。原則、満期日がくるまでは中途解約が出来ず、自由に出し入れができないため流動性に欠けます。一般的には預入期間を「1か月」「3か月」と短期で設定するよりも、「1年以上」の長期のものを選んだ方が金利は高くなります。しかし、通常なら普通預金より高くあるべき金利も、今やゼロ金利のあおりを受け、普通預金とほぼ変わらない水準まで下がっています。これでは、わざわざ流動性の利かない定期預金を作るメリットがありません。それに比べ、ネット銀行は前述した通り金利が高く、頻繁にキャンペーンを取り行っており、時として長期よりも短期で預け入れる方が長期金利を上回ったという面白い調査結果もあります。提携ATMやコンビニからお金を預け入れておけば、パソコンやスマホ、携帯電話から24時間いつでも定期預金へ入金できます。
定期預金を作る際は預けっぱなしを回避するために注意したいことが一つあります。それは、必ず「満期自動解約受取」を設定することです。これは、満期解約日が来たら自動的に定期預金から普通預金へ振り替えてくれる機能のことで、自分で解約する手間を省くことができ、とても便利です。そして、また新たなキャンペーンが始まった時に再び定期預金に預け入れることで、無駄な操作を減らし、着実に資金を増やすことができます。
ネット銀行はすべて、公式サイトから口座の開設をすることができます。パソコンやスマホ、携帯電話があれば、家に居ながらにして簡単に口座開設が完了します。すべての口座開設手数料は無料であり、口座維持手数料などといった無駄な手数料も必要ありません。口座開設時に必要な本人確認書類も、データで送信するか、郵送するだけで簡単にかつ安全に処理されます。わざわざ支店へ行って長時間待ち、面倒な手続きをする必要がなくなり、時間を有効に使いながら随時更新される最新のサービスや金融商品情報、キャンペーンを手に入れることが可能になりました。
将来のために、いかにしてお金を貯めるか、いかにしてお金を増やそうかとあなたも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。低金利といわれる今、従来のお得意様を優遇する店舗型の銀行から手を引き、あらゆるニーズに柔軟に対応できるネット銀行に新規口座開設する利用者は増加し、着実に口座開設数を増やしています。その最大の武器は何といっても店舗では到底まねのできない定期預金の金利の高さです。ネット銀行がここまでに金利を高く設定できる理由。それは店舗を持たないことによっていらない経費を削減でき、人件費も必要最小限に抑えられるからです。また、ネット銀行が各々で提携しているコンビニやゆうちょ銀行などの提携ATMが全国各地に点在しており、利便性にも富みます。
例えばソニー銀行であれば、セブン銀行のATMを24時間無料で何度でも使えます。定期預金金利も高めの水準であり外貨預金や積立預金などの金融商品も充実し、資産管理がしやすいと評判です。イオン銀行もイオン銀行ATMなら終日手数料無料で使えます。ゆうちょ銀行ATMとも提携しており、平日は無料で使えますが、休日は手数料がかかるので注意が必要です。また、イオン銀行とイオンカードと電子マネーの3つの機能を一体化したイオンセレクトカードを保有することにより、普通預金金利がネット銀行の中でも最高水準で提供されるようになります。他にも、電子マネーWAONをオートチャージすることでイオンカードと電子マネーWAONの両方にポイントが貯まり、イオンをよく利用する方にとっては特に魅力的な銀行です。auユーザーであればじぶん銀行がおすすめです。提携ATMを無料で使うことができ、他行宛振込手数料も月5回まで無料で使用できます。金融商品の金利も高めで、特に3か月の短期金利は優遇されています。スマホで完結できるサービスが満載で、パソコンがなくても充実した資産運用が可能です。
このように、ネット銀行は知らず知らずのうちにあなたの生活と密接なかかわりを持っています。ネットと生活を上手く融合させることで、地域にとらわれず全国各地の顧客を対象とすることに成功し、他行よりも高い金利設定の実現が可能となりました。もう今までのように、「振込手数料やATMの取引手数料ばかりがかさみ、低い定期預金金利に泣かされお金が貯まらない」なんていうことはありません。ネット銀行は時代の先端を行く金融機関であり、定期預金の貯蓄性、ネットを使う利便性、生活の質を高める将来性を考えれば、低金利の今だからこそネット銀行を活用し、資産運用を通して、あなたの生活の質を見つめなおす良い機会になるはずです。まずは、あなたの生活に一番密着性のあるネット銀行を探し、定期預金を始めてみてはいかがでしょうか?

Copyright (C) 2016 店舗展開を重んじる銀行 All Rights Reserved.